モロッコ便り「職人が手作りしてるシルバー宝飾」

モロッコより、シルバー宝飾の工房の様子をお届けします。
モロッコのシルバーアクセサリーはここ数年で日本人バイヤーの間でも認知され、注文が入るそうです。

======

 

こんにちは、モロッコのアムニです。今日はモロッコのシルバー宝飾工房にやってきました。

建物外観、可愛らしいですね。早速入ってみましょう。

 

 

この工房があるのは、海沿いの小都市エッサウィラ。

この町の歴史は古く、旧市街が2001年に世界遺産に認定されています。

そして昔から盛んなのがシルバー宝飾工芸です。

 

 

モロッコのシルバー宝飾は、今アメリカで大人気。

そのためか、日本人にも興味を持つ人が増えてます。

 

 

特別に、作業風景を撮影させてもらいました。

この工房は1908年に設立され、全て職人のハンドメイドでアクセサリーを作っています。

 

 

シルバーを異素材と組み合わせた作品もあります。

木や動物の角を使うのは、トゥアレグ族(サハラ砂漠西部の遊牧民)の影響。また、石を使うのはヨーロッパや中東の影響です。

 

 

伝統的な技術によって、驚くほど多様なデザインが生み出せます。ここに来れば必ず貴方のお気に入りが見つかります。

次回のモロッコ便りも、お楽しみに。

 

======

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはこちら:「サービス」

コンサルティング事例についてはこちら:「コンサルティング事例」