モロッコ/あまり知られていない首都ラバトの様子

モロッコのアムニです。今日は首都ラバトに来ました。

モロッコに旅行したことがある人でも、ラバトに来たことのある人はあまり居ないのではないでしょうか。

カサブランカが首都だと思っている人も時々いらっしゃいますが、モロッコの首都はラバトなのです。

観光地としてはマラケシュやフェズ、前出のカサブランカが有名ですが、ラバトにはモロッコの最も歴史ある遺跡が残っており、ユネスコの世界遺産に登録されています。

このような緑地や公園が沢山あることも魅力です。

ラバトの緑地

ラバトに見られる広大な緑地がある

 

12世紀から、未完のままずっとここにあるハッサン塔。ムワッヒド朝の君主ヤークブ・マンスールの命により建築していましたが、彼の死により、工事が中断されました。

44メートルの高さですが、当時のイスラムの塔としては世界で最も高いものでした。88メートルを目指して作っていたそうです。

ハッサン塔

ハッサン塔

 

一方こちらは、現在アフリカで最も高い塔、モハメド6世タワーです。高さ250mで、周囲50kmから見えるように設計されています。ロケットと発射台をイメージしたデザインです。

現在まだ建築中で、2022年に完成すると言われています。

建設中のムハマド6世タワー

 

ラバト大劇場は、イギリス系イラク人建築家ザハ・ハディドの最後の作品の一つです。非常にモダンな建築で、アラブ芸術界が誇る建築物です。

ラバト大劇場

 

ラバト市と隣接するサレ市を結ぶトラム。全長27km、43の駅が設置されています。モロッコではラバトとカサブランカでトラムが採用されています。

ラバト市とサレ市を結ぶトラム

ラバト市とサレ市を結ぶトラム

 

次回のモロッコ便りもお楽しみに!

 

======

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはこちら:「サービス」

コンサルティング事例についてはこちら:「コンサルティング事例」