アフリカでビジネスを展開するにあたっての最新情報をお伝えします。JCCP Mでは紛争解決後の社会における経済発展を促し、進出企業及び地域住民が長期的に共栄することを目指すためのコンサルティングサービスを提供しています。

ウガンダ便り「ウガンダ殉教者大聖堂」

ウガンダ殉教者大聖堂と殉教者の物語

こんにちは、ウガンダのレリアです。

今日は、ウガンダ殉教者大聖堂の様子をご紹介しつつ、ウガンダの宗教的な背景を理解する上で非常に重要な、ある歴史上の出来事について触たいと思います。

ウガンダ人の大半(82%)はキリスト教徒です。国のモットーも「神と国のために」です。

キリスト教は、ウガンダが英国植民地になるより以前、19世紀後半にこの土地に持ち込まれましたが、その時代に起こったある出来事が今でも語り継がれています。当時のウガンダは複数の王国によって支配されており、中でも最も強力なブガンダ王国が現在の首都カンパラを統治していました。この王国において1885年から1887年にかけ、キリスト教に改宗した若者(カトリック22人、英国国教会23人)が国王ムワンガの命令により処刑されました。

現在、カトリック信者が処刑されたカンパラのナムゴンゴという場所は聖地とされ、また国際的な観光地となっており、ウガンダ殉教者大聖堂が建てられています。

とても変わった形ですが、植民地時代以前にウガンダ人が住んでいた伝統的な家屋を模して建てられたものです。

ウガンダの教会

殉教者大聖堂/カンパラ

6月3日は、ウガンダの殉教者を偲び、敬意を表する祝日で、毎年多くの信者がここへ祈りを捧げにやってきます。

 

教会敷地内にある湖。処刑に使われた槍などの道具は、処刑後にここで洗浄されたと言われています。

殉教者大聖堂の湖

殉教者大聖堂の湖/カンパラ

 

続いて、ウガンダの殉教者がどのように処刑されたかを示す像の一つ。槍で刺しています。

当時の殉教者の処刑方法は様々で、槍で刺したり、焼いたり、切ったりしていたそうです。

槍で処刑される殉教者

槍で処刑される殉教者の像/カンパラ

 

この像は、切り刻まれている様子です。

切り刻まれる殉教者の像

切り刻まれる殉教者の像/カンパラ

 

さて、今後もウガンダの様々な情報をお届けします。どうぞお楽しみに。

 

======

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはこちら:「サービス」

コンサルティング事例についてはこちら:「コンサルティング事例」

JICA案件化調査支援 – クライアントと共にケニアへ出張

コンサルタントとしてケニアへ出張し、クライアントのセミナー開催や現地調査を支援しました

JICAの「中小企業・SDGsビジネス支援事業」のスキームの下、株式会社川西水道機器は現在「ケニア国水道施設における無収水対策・管継手導入にかかる案件化調査」を実施しており、JCCP Mはコンサルタントとして本事業を支援しています。2022年3月、JCCP Mは同社と共にケニアへ出張し、現地水道関係者のためのセミナー開催や現地調査を支援しました。

今回の調査では、ケニアの水道関係者を招き、現地と日本をオンラインで結び、現地ではセミナー会場での対面セミナー(参加者数39名)と職場や自宅で視聴できるオンラインセミナー(参加者数58名)を同時に開催するハイブリッドセミナーを開催(合計参加者数97名)、無収水対策や公衆衛生に関する講義の他、同社の製品のデモンストレーションを実施。朝から夕方までの長時間に及ぶセミナーでしたが、非常に好評でした。

 

ケニアで展示した製品

セミナー会場で展示した川西水道機器の製品

 

来賓挨拶

同国の水道の所管官庁である水・衛生・灌漑省から来賓を招き、セミナー開催に先立ちお言葉を頂いた。

 

ケニア製品デモ

製品のデモンストレーションを実施、多くの質問を頂いた。

ケニアセミナー集合写真

セミナー終了後、対面セミナーの参加者とオンラインセミナーの参加者で記念撮影を行った。

本事業では2021年6月にJICAと契約してからしばらくは新型コロナウイルスのためにケニアへの渡航ができず、現地人材を活用して調査をリモートで進めていました。2021年11月には渡航が出来る状況が整ったため、第1回現地調査を実施。その後、年末からケニアでオミクロン株が流行して再び渡航のできない状況となっていましたが、流行が落ち着いてきたことから2022年3月にこの度の第2回目の現地調査を実施し、本事業で予定していたすべての現地調査を無事に完了しました。

JCCP Mは、2020年度に株式会社川西水道機器が実施した「ケニア国水道施設における無収水対策に係る基礎調査」から継続的にコンサルタントとして同社のJICA事業に関わり、JICAへ提出する企画書の作成、現地調査・分析、現地関係者との連絡・調整、調査企画、報告書の取りまとめ等のご支援をさせて頂いております。JCCP Mは本調査に引き続き、ケニアの水道の無収水削減に貢献できる同社製品の普及・販売を支援してまいります。


弊社のサービスについてはサービス内容をご参照下さい。

アフリカ進出に関するご相談については、お気軽にお問合せフォームからご連絡下さい。

 

ルワンダらしい農村の一場面 – 干されるトウモロコシ

ルワンダの農業をテーマにミニミニレポート!

こんにちは、ルワンダのイヴェッテです。

今日は西部のンゴマ郡へ来ました。車窓から見えたのは、トウモロコシが干されている姿。出荷間近です。

ルワンダの農村で干されるトウモロコシ

農村で干されるトウモロコシ(ンゴマ郡/ルワンダ)

ルワンダの多くの農村の住民にとって、トウモロコシ栽培は大きなビジネスです。
トウモロコシは植えてから成熟するまで大体60~100日かかります。収穫後は大半を乾燥させてトウモロコシ粉などにして、市場で売ります。

ンゴマ地区の居住者によれば、このような農業も新型コロナウイルスにより大きな影響を被っているそう。市場に出してもどこも資金不足のため買い手がつかず、価格を極端に下げざるを得ない状況とのことです。

写真2枚目は、屋根つきのトウモロコシ干し場。このようなに大き目の小屋を組んで、複数の人で共有することもあります。

トウモロコシを干すための棚

屋根付きのトウモロコシ干場(ンゴマ郡/ルワンダ)

さて、次のアップデートもお楽しみに!

======

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容については「サービス」

コンサルティング事例については「コンサルティング事例」をご覧ください。

モロッコ便り「職人が手作りしてるシルバー宝飾」

モロッコより、シルバー宝飾の工房の様子をお届けします。
モロッコのシルバーアクセサリーはここ数年で日本人バイヤーの間でも認知され、注文が入るそうです。

======

 

こんにちは、モロッコのアムニです。今日はモロッコのシルバー宝飾工房にやってきました。

建物外観、可愛らしいですね。早速入ってみましょう。

 

 

この工房があるのは、海沿いの小都市エッサウィラ。

この町の歴史は古く、旧市街が2001年に世界遺産に認定されています。

そして昔から盛んなのがシルバー宝飾工芸です。

 

 

モロッコのシルバー宝飾は、今アメリカで大人気。

そのためか、日本人にも興味を持つ人が増えてます。

 

 

特別に、作業風景を撮影させてもらいました。

この工房は1908年に設立され、全て職人のハンドメイドでアクセサリーを作っています。

 

 

シルバーを異素材と組み合わせた作品もあります。

木や動物の角を使うのは、トゥアレグ族(サハラ砂漠西部の遊牧民)の影響。また、石を使うのはヨーロッパや中東の影響です。

 

 

伝統的な技術によって、驚くほど多様なデザインが生み出せます。ここに来れば必ず貴方のお気に入りが見つかります。

次回のモロッコ便りも、お楽しみに。

 

======

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはこちら:「サービス」

コンサルティング事例についてはこちら:「コンサルティング事例」

ケニア便り「楽しい水遊び、はちょっとちがう。」

ケニアより、地方の農村における湧き水利用の実態をとらえたレポートです。

一見、緑の中のオアシス、人々が集う憩いの場。しかし洗濯等をして汚染された水が下流に流れ下流の人の口に入ることで、健康被害を引き起こすことが大きな問題となっています。

ケニアでは、水道整備の遅れや破損、渇水により、川、池、湧き水等に頼らざるを得ない人が沢山おり、解決が急がれます。

 

 

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはこちら:「サービス」

コンサルティング事例についてはこちら:「コンサルティング事例」

トーゴ便り「人気レストランへGo!」

トーゴより、屋外レストランの様子をお届けします。

街の喧騒から外れ、木々に囲まれながら食事が出来る、素晴らしい場所ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはコチラ

コンサルティング事例についてはコチラ

ウガンダ便り「家畜や畑の様子」

ウガンダより、のどかな家畜や畑の様子をお届けします。

ウガンダでは労働人口の約70%が農業に従事していると言われていますが、その多くが、家族を養うに十分な量のみを収穫する程度の小規模で営まれています。

 

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはコチラ

コンサルティング事例についてはコチラ

ルワンダ便り「コロナ禍の風景」

今日はルワンダ代理店のイヴェッテより、コロナ禍の様子を捉えたレポートをお送りします。
撮影時(2022年1月)は感染の波がちょうどピークを迎えていました。現在では既にピークを過ぎ、3月9日時点での過去7日間の平均新規感染者数は5人と落ち着いています。

 

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはコチラ

コンサルティング事例についてはコチラ

モロッコ便り「ショッピングモールの最近の話題」

モロッコ代理店より、ショッピングモールの風景をお届けします。このモールは、首都カサブランカのMorocco Mall(モロッコモール)。19万㎡の床面積を誇る、現時点でアフリカ最大のショッピングモールです。

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはコチラ

コンサルティング事例についてはコチラ

ケニア便り「地元帰って何してた?への回答」

さて、今回のケニア便りは、弊社のケニア現地法人代表ニコラスが、地元Homa-Bayで行っている活動の様子をお届けします。

アフリカの現地の状況に関するご質問、アフリカビジネスに関するご相談があれば、お気軽にお問合せ下さい。

弊社のサービス内容についてはコチラ

コンサルティング事例についてはコチラ