危機管理セミナー
『社員をテロや誘拐から守るために人事部門が知っておくべきこと』
 
「パリの事務所から500メートルの距離にあるレストランで爆弾テロが発生したそうです。
居合わせたうちの駐在員が巻き込まれ、病院に搬送されました・・・」
今まで一部の地域に限られていたテロ、武力衝突、暴動の発生。残念ながらこれらの脅威は
世界のあらゆる場所で発生するようになり、冒頭のような状況に自社社員が巻き込まれる可能性も否定できない。
2016年7月~2017年5月の1年間で発生した主なテロ、武力衝突を例にとれば、
ダッカ・レストラン襲撃、ニーステロ事件、トルコクーデター発生、ベルリンクリスマスマーケットテロ、イスタンブール連続爆弾テロ、
ロンドンウエストミンスターテロ、マンチェスター爆弾テロなどがあげられ、中には邦人が巻き込まれた事件もある。
グローバルに活動する企業は、海外で働く駐在員、出張者、あるいは現地職員の安全に対して今まで以上の対策が求められている。

当セミナーでは、特に海外で働く社員をテロや誘拐などの脅威から守ることに主眼を置き、
紛争地で働く国連職員や米軍で採用されている危機管理手法を日本企業向けにカスタマイズし紹介する。

 
日時 2017年7月13日(木)受付/15:00~  セミナー/15:30~17:30  
  会場   TKPガーデンシティ永田町 カンファレンスルーム2B   (アクセスはコチラ  
  内容
 15:30~15:45  1.危機管理のフレームワーク
 (JCCP M株式会社 代表取締役 堺 夏七子)
 社員が脅威に巻き込まれるリスクを最小化するにはどのような対策が必要なのか、
 企業が危機管理として検討すべきフレームワークを紹介する。
 15:45~16:15  2.世界の脅威と危機管理最前線
 (JCCP M 株式会社 取締役 / 認定NPO法人 日本紛争予防センター 
  理事長 瀬谷 ルミ子)
 海外で働く社員はどのような脅威が発生することを想定しておくべきだろうか?
 現在、世界の各地域で発生しているテロ、犯罪、武力紛争などの脅威、
 今後の情勢について解説する。
 16:15~16:30  休憩(15分)
 16:30~17:30  3.脅威への備えと直面した際の対応
 (株式会社 S&T OUTCOMES 代表取締役 菊地 信好)
 レストラン・ホテル・空港等、具体的な状況を模し、参加者に実際にテロや誘拐などの
 脅威が発生した状況を体験していただいた上で、最悪のケースを回避するためには
 どのように対応することが必要なのか、実技を交え具体的に紹介する。
※メディアの取材が入る可能性があります。ご了承ください。
 
  定員  20名  
  参加費 10,000円  
  お申込み Webサイトでのお申込み : Web申込みフォーム(コチラ)にご記入をお願いします 
メールでのお申込み   : info@jccpm.co.jp まで、お名前、貴社名、お電話番号、メールアドレスをご連絡ください
FAXでのお申込み     : 案内書(PDF)の参加申込書欄にご記入の上、03-5297-7582まで送付ください
 
  登壇者
プロフィール
堺 夏七子(さかい かなこ)  JCCP M 株式会社 代表取締役 
国際基督教大学卒業。1998年アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社し、15年間にわたり、製造業のクライアントを中心に、新規事業立ち上げ・業務改革・I Tコンサルティングを担当。2013年に特定非営利活動法人 日本紛争予防センター(JCCP)の関係会社として、日本企業の開発途上国進出を支援するコンサルティング会社、JCCP M 株式会社を設立。代表取締役に就任。主としてアフリカ進出に関するコンサルティング、セミナー活動等を行う。
■瀬谷ルミ子(せや るみこ) JCCP M 株式会社 取締役 / 認定NPO法人  日本紛争予防センター 理事長
中央大学卒業後、英ブラッドフォード大学紛争解決学修士号取得。国連PKO、外務省、NGO職員として、ルワンダ、アフガニスタン、シエラレオネ、コートジボワール等で活動。2007年より日本紛争予防センター事務局長、2013年より同理事長に就任。ソマリア、南スーダン、ケニア、トルコで平和構築事業を実施。 2011年ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人25人」、2012年日経ビジネス「未来を創る100人」に選出。2012年日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー準大賞受賞。2015年イギリス政府よりInternational Leaders Programmeに選出。日経ビジネスオンライン、読売新聞等でも連載。
菊地 信好(きくち のぶよし) 株式会社 S&T OUTCOMES 代表取締役
1999年より警備会社に所属し、暴力団対策、外資系企業の施設警備業務、国内外著名タレント、アスリートの身辺警護業務、大手小売店舗における危機管理業務に従事。2015年株式会社S&T OUTCOMESを設立、代表取締役に就任。米軍など海外での実務経験をベースに、自衛隊員への研修、外資系企業等に対するプロテクションサービスなど、実務を通した危機管理教育、コンサルティング・サービスの提供を行う。
 
   案内書 PDF版の案内書はコチラよりダウンロードください  
   お問合せ メール : info@jccpm.co.jp
お電話 : 03-5256-7563 (担当 堺)
 
       
   

■ 過去のセミナー(PDF形式)

>HOME  >plivacy policy